スーッと入ってフワッと香るコーヒー(中深煎り/シティロースト)100g
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

2021/09/30 23:59 まで販売

スーッと入ってフワッと香るコーヒー(中深煎り/シティロースト)100g

¥700 税込

送料についてはこちら

一昨年、昨年と天候不順などに悩まされたブラジルですが、今年は各農園出来が良い年のようですので扱うことに決めました。 「抜かりがないな」と思わせる豆で、フレーバー、酸質、甘さ、余韻、どれをとっても高水準で非常によくまとまっています。 フワッと開く香りと心地良く残る余韻が非常に好印象で、当店が初めてのお客様には最初に飲んでいただきたいスタンダードともいえます。 併売中のボリビア「レアンドラ・アングロ」とは同じ「南米の中深煎り」というくくりですが、正反対といっていい仕上がりになっています。 しっかりとした輪郭を持った、硬質な印象のボリビア。 ほどけるように溶けゆく、やわらかい印象のブラジル。 飲み比べも非常にオススメです。 【マニアックなコーヒーフリークへ向けて】 ブラジルは世界一のコーヒー生産量を誇る国で、他の国のように完熟したチェリーだけ手摘みされていることは稀です。収穫期になったら木の幹ごと機械で揺さぶってチェリーを落とすのが一般的で、基本的にはスペシャルティグレードにおいてもそれは変わりません。 また、機械によって落とされたチェリーに土が着くか着かないかでも、味わいが変わります。木の下にシートを張って、それを防ぐことも多いようです。このコーヒーからは土のニュアンスをほとんど感じないため、おそらくシートが張られたのでは?と推測しています。 精製については、ブラジルはほとんどがナチュラル(N)かパルプトナチュラル(PN)です。広大な平地が続き乾燥場所を確保できるので、これらが適しているのでしょう。 PNは果肉除去の前に比重選別の行程を踏めるのと、パルパー(果肉除去機)の設定で完熟したチェリーだけを選別することも可能なので、Nよりもクリーンになりやすいですね。 果肉除去後、乾燥場にて天日乾燥されますが、どこまで乾燥させるかでも味が変わってきます。PNよりむしろNに多いですが、乾燥があまり長いとワイニーになりすぎたり、さらに長いと発酵臭が出てしまいますね。気候も関係するので、難しいところだと思います。 このパッセイオ農園イエローブルボンには、非常に適切な精製と言える上品さ、洗練感を感じます。これだけクリーンで華やかだと、もう少し浅めの焙煎でも良いかな?とも思わせてくれます。次はどうしましょうかね… 挽いた粉をご希望の場合は、備考欄にご記入お願いします。 【生豆銘柄】パッセイオ農園イエローブルボン 【生産国】ブラジル 【農園名】パッセイオ農園 【生産者】アドルフォ・エンリケ・フェレイラ 【焙煎度】シティロースト 【生産エリア】南ミナス モンテベロ 【品種】イエローブルボン 【標高】1100-1200m 【精製】パルプトナチュラル